新型コロナウイルス感染症に関する西町教会の対応について(2020年5月17日)

2020年5月17日
信徒の皆様へ
カトリック西町教会主任司祭
ポウォムスキ・スタニスワヴ

新型コロナウイルス感染症に関する西町教会の対応について
 

今般の新型コロナウイルス感染症に関する西町教会の対応につきましては、長崎大司教区のご指導のもと、国の緊急事態宣言を踏まえたミサ等教会行事の中止など、信者及び司祭・修道者の感染防止に努めてまいりました。

このような中、本月14日、政府は長崎県を含む39県に関して「緊急事態宣言」の解除を宣言しましたが、これは、新型コロナウイルス感染症の終息を意味するのではなく、教会の典礼や行事も無条件で平常どおり行うことができるということでもないことに注意しなければなりません。

今後も当分の間はこの感染症と向き合い、その特徴を踏まえ、正しく恐れながら、信仰生活を送っていきたいと思います。このため、西町教会では、近隣住民の理解を得ることも念頭に、以下のような対策のもと、令和2年5月23日(土)の夕方のミサから再開することとします。

自分自身の感染予防だけではなく、周りの大切な方への感染を防止するためにも、自己責任を前提として取り組んでまいりたいと思いますので、信徒の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

【ミサの再開】 令和2年5月23日(土)17時のミサから
※週日のミサも25日(月)から再開します。

1.ミサ再開に当たっての対策

(1)3密(密閉・密集・密接)を避ける。
・ 発熱や風邪の症状があるなど体調の悪い方は、ミサ参加をご遠慮願います。
・ 司祭が全員体調不良となった場合ミサは中止します。この場合、信徒は各自ご家庭でお祈りください。
・ 聖堂内の座席は、1列おき(奇数列のみ)としたうえで、隣と2mの間隔を確保して座れるよう、目印をつけますので、同居の家族以外は2m以上離れてお座りください。(聖堂内では誘導係の指示にご協力願います。)<最大100人までを限度>
・ ミサは従来どおり土曜日17:00、日曜日07:00/09:00に行います。できるだけ分散して与るようご協力願います。(必要に応じて地区単位で制限する場合があります。)
・ ミサ中は、聖堂の扉を開けて換気を良くします。
・ 当分の間、ミサ曲・聖歌は歌いません。
・ 当分の間、他の小教区のミサへの参加はご遠慮願います。

(2)清潔さに気を配る手立て
・ 教会敷地内では必ずマスクを着用願います。マスクを着用しない方は聖堂への入堂をお断りします。(どうしてもマスクがない場合は、受付で有償販売します。)
・ ミサ参加者は聖堂入口で検温を行い、消毒液で手指消毒を行っていただきます。なお、37.5度以上の発熱者にはご帰宅していただきます。(担当係の指示にご協力願います。)
・ ミサ中の奉納及び献金は省略します。各自聖堂入口の献金箱にお入れください。
・ 聖体拝領の行列は、前後2mの間隔が取れるよう、床の目印を参考に、余裕をもってお並びください。また、行列時はマスクを着用し、拝領するときだけマスクをずらして拝領してください。なお、直接口でご聖体を受けることはできませんので、必ず手で拝領してください。
・ 教会のトイレは使用できますが、比較的感染の危険性が高いと言われていますので、できるだけご自宅で用を足してからおいでください。なお、用便後に水を流す際には、飛沫が飛び散らないよう、必ずフタを閉めてから流してください。
・ 共用のタオル等は設置しませんので、各自ハンカチをご持参ください。

2.教会活動の再開に当たっての原則

(1)評議会開催、教会学校の再開にあたって
・ 評議会役員会及び小教区評議会等の各種会議は、可能な限り電話、メールで済ますこととしますが、集合する必要がある場合は、各部団体の長までの参加にとどめ、極力短時間(30分程度)で終わらせることとします。
・ 会議参加時は消毒液による手指消毒及びマスク着用を徹底します。
・ 教会学校の開始時期は教会学校で検討・決定してお知らせします。

(2)祭儀・行事の再開に関して
・ 結婚式、葬儀に関してはこれまでどおりですが、可能な範囲で簡素化を図ります。
・ 各行事に関しては、3密の危険性がある行事など、その規模を踏まえて実施を個別に検討します。

(3)公共交通機関の利用に関して
・ 公共交通機関を使って教会においでになるときには、必ずマスクを着用し、会話は控えるなど、感染防止対策に心がけてください。
・ バス・電車が混まない時間帯を選んで、早めに来ましょう。

もし、自分のおじいちゃんやおばあちゃんに
子どもや孫に
うつしちゃったら・・・・と
想像してみる。

自分と大切な人をコロナから守りましょう
 

カテゴリー: お知らせ, 教会ニュース | コメントをどうぞ

4月中のミサや行事の中止・延期について

2020年4月3日付け長崎大司教区の通達を受けて、西町教会でも、4月4日(土)の朝ミサから4月いっぱい、主日と週日の(公開)ミサは中止します。

これに伴い、聖週間の各行事も(公開での実施を)中止します。

4月26日(日)の堅信式及び大司教司牧訪問は延期します。(延期後の日程は未定)

※ なお、枝の主日用に祝福された「枝」を聖堂前に用意しますので、必要に応じて各自お持ち帰りください。

カテゴリー: お知らせ

四旬節、慈善を実践すること

発行できなかった西町教会ニュース2020年3月号に掲載予定だった記事をこちらへ掲載します。西町教会助任司祭ディエム神父様による、四旬節の心構えについての記事です。

新型コロナウイルスの影響でミサに参加できなかったり教会の諸行事が中止になったりしている中ですが、皆さん四旬節をいかがお過ごしでしょうか。残りわずかとなった今年の四旬節ですが、「心を尽くして祈り、愛のわざを通して、神、隣人、そして自分自身との関係をより確かなものとすることができますように。」


【四旬節、慈善を実践すること】

毎年灰の水曜日で、教会は四旬節の歩みを開始します。今年の四旬節はもうすでに始まりました。四旬節といえば、祈り、断食、慈善を実践することに招く特別な時期です。

今年も完全な四旬節の精神を生かすために、マタイ福音書の6章を読んで黙想するべきだと思います。

 見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。
 だから、あなたは施しをするときには、偽善者たちが人からほめられようと会堂や街角でするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。はっきりあなたがたに言っておく。彼らは既に報いを受けている。(マタイ6・1-2)

現実と経験から、一般の人々、特に私たち一人一人は、善行を行うとき、人々が賞賛するために、人に見せる傾向があることがわかります。

上の福音の言葉は、私たちにそれらのことを慎重に行うように呼びかけます。

確かに、イエスさまは道徳と慈善の形の価値を否定していません。しかし、教えの中で、人々と特に弟子たちを招いて、断食、慈善、特に祈りを増やそうとしました。しかも、派手な態度を避けるように彼らに警告しました。

 施しをするときは、右の手のすることを左の手に知らせてはならない。あなたの施しを人目につかせないためである。そうすれば、隠れたことを見ておられる父が、あなたに報いてくださる。
 祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。(マタイ6・3-5)

したがって、四旬節は慈善を実践することを増やすだけでなく、真の自己反省にも私たちを招いています。

私たちが慈善を実行するとき、私たちはもはや人々の賛辞を「気にする」必要はありません。私たちはそれが何であるかを知っています。それは神の喜びで慎重に行います。

すでに始まった今年の四旬節の恵みを感謝しながら、私たちはこの40日の間で心を尽くして祈り、愛のわざを通して、神、隣人、そして自分自身との関係をより確かなものとすることができますように。そして、主イエスの死と復活によってもたらされる救いの恵みを完全に受け取ることができますよう心を合わせて有意義な四旬節をともに歩みましょう。(2020.3.1 トラン・デュック・ディエム)

カテゴリー: 教会ニュース

西町教会は、3月21日(土)17時からミサを再開

髙見大司教様より、2020年3月19日付け「新型コロナウイルス感染症に関する教区の対応」の文書が出されました。

これに伴って、西町教会では、3月21日(土)の17時のミサから再開となります。

ただし、教区の文書にありますとおり、ミサに参加する場合は、くれぐれも「教区の対応」文書に書いてある「心得」を守り、無理のないようにお願いします。

 

カテゴリー: 報告

新型コロナウイルス感染症に関する、ミサをはじめとする西町教会行事の中止・延期のお知らせ(続報)

3月10日付け髙見大司教様からの通達に基づき、西町教会のごミサの中止期間が3月21日(土)朝ミサまで延長となりました。その他、教会行事の中止・延期については、以下のとおりです。

【中止・延期する主な教会行事】
1 ごミサ
・2020年2月29日(土)17:00(四旬節第1主日)から3月21日(土)6:30(朝ミサ)まで中止

2 その他
・小教区評議会役員会 3月1日(日) 中止
・中高生・青年黙想会 3月8日(日) 中止
・こども黙想会 3月15日(日) 中止
・小教区評議会議 3月29日(日)に延期して開催予定

カテゴリー: お知らせ

【重要】新型コロナウイルス感染症に関して 西町教会の対応

【西町教会信徒の皆様へ】

髙見大司教様より「2/29(土)から3/14(土)までの主日のミサを中止」との方針が示されたため、2/29の17時ミサ以降、同期間の西町教会の主日及び平日早朝のミサは中止となります。

なお、2/29発行の「西町教会ニュース」3月号も、発行を3/14頃に延期します。

ご了承ください。

カテゴリー: お知らせ, 教会ニュース

2020年の四旬節の西町教会黙想会は、2月26日(灰の水曜日)から

今年の西町教会の大人の黙想会は、2月26日(灰の水曜日)から始まり3月1日感謝のごミサで終了いたします。

午前の部、午後の部がありますので、ご都合に合わせて、下記の時間にご参加ください。

26日(灰の水曜日)は、ごミサと赦しの秘跡のみとなります。講話は、27日(木)、28日(金)の2日間です。ごミサが始まりましたら告解はできませんので、できる限り26日(水)に告解をされますようお願い致します。

なお、中高生・青年の黙想会は3月8日(日)、子供黙想会は3月15日(日)です。

カテゴリー: お知らせ