四旬節、慈善を実践すること

発行できなかった西町教会ニュース2020年3月号に掲載予定だった記事をこちらへ掲載します。西町教会助任司祭ディエム神父様による、四旬節の心構えについての記事です。

新型コロナウイルスの影響でミサに参加できなかったり教会の諸行事が中止になったりしている中ですが、皆さん四旬節をいかがお過ごしでしょうか。残りわずかとなった今年の四旬節ですが、「心を尽くして祈り、愛のわざを通して、神、隣人、そして自分自身との関係をより確かなものとすることができますように。」


【四旬節、慈善を実践すること】

毎年灰の水曜日で、教会は四旬節の歩みを開始します。今年の四旬節はもうすでに始まりました。四旬節といえば、祈り、断食、慈善を実践することに招く特別な時期です。

今年も完全な四旬節の精神を生かすために、マタイ福音書の6章を読んで黙想するべきだと思います。

 見てもらおうとして、人の前で善行をしないように注意しなさい。さもないと、あなたがたの天の父のもとで報いをいただけないことになる。
 だから、あなたは施しをするときには、偽善者たちが人からほめられようと会堂や街角でするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはならない。はっきりあなたがたに言っておく。彼らは既に報いを受けている。(マタイ6・1-2)

現実と経験から、一般の人々、特に私たち一人一人は、善行を行うとき、人々が賞賛するために、人に見せる傾向があることがわかります。

上の福音の言葉は、私たちにそれらのことを慎重に行うように呼びかけます。

確かに、イエスさまは道徳と慈善の形の価値を否定していません。しかし、教えの中で、人々と特に弟子たちを招いて、断食、慈善、特に祈りを増やそうとしました。しかも、派手な態度を避けるように彼らに警告しました。

 施しをするときは、右の手のすることを左の手に知らせてはならない。あなたの施しを人目につかせないためである。そうすれば、隠れたことを見ておられる父が、あなたに報いてくださる。
 祈るときにも、あなたがたは偽善者のようであってはならない。偽善者たちは、人に見てもらおうと、会堂や大通りの角に立って祈りたがる。はっきり言っておく。彼らは既に報いを受けている。(マタイ6・3-5)

したがって、四旬節は慈善を実践することを増やすだけでなく、真の自己反省にも私たちを招いています。

私たちが慈善を実行するとき、私たちはもはや人々の賛辞を「気にする」必要はありません。私たちはそれが何であるかを知っています。それは神の喜びで慎重に行います。

すでに始まった今年の四旬節の恵みを感謝しながら、私たちはこの40日の間で心を尽くして祈り、愛のわざを通して、神、隣人、そして自分自身との関係をより確かなものとすることができますように。そして、主イエスの死と復活によってもたらされる救いの恵みを完全に受け取ることができますよう心を合わせて有意義な四旬節をともに歩みましょう。(2020.3.1 トラン・デュック・ディエム)

カテゴリー: 教会ニュース | コメントをどうぞ

西町教会は、3月21日(土)17時からミサを再開

髙見大司教様より、2020年3月19日付け「新型コロナウイルス感染症に関する教区の対応」の文書が出されました。

これに伴って、西町教会では、3月21日(土)の17時のミサから再開となります。

ただし、教区の文書にありますとおり、ミサに参加する場合は、くれぐれも「教区の対応」文書に書いてある「心得」を守り、無理のないようにお願いします。

 

カテゴリー: 報告 | コメントをどうぞ

新型コロナウイルス感染症に関する、ミサをはじめとする西町教会行事の中止・延期のお知らせ(続報)

3月10日付け髙見大司教様からの通達に基づき、西町教会のごミサの中止期間が3月21日(土)朝ミサまで延長となりました。その他、教会行事の中止・延期については、以下のとおりです。

【中止・延期する主な教会行事】
1 ごミサ
・2020年2月29日(土)17:00(四旬節第1主日)から3月21日(土)6:30(朝ミサ)まで中止

2 その他
・小教区評議会役員会 3月1日(日) 中止
・中高生・青年黙想会 3月8日(日) 中止
・こども黙想会 3月15日(日) 中止
・小教区評議会議 3月29日(日)に延期して開催予定

カテゴリー: お知らせ | コメントをどうぞ

【重要】新型コロナウイルス感染症に関して 西町教会の対応

【西町教会信徒の皆様へ】

髙見大司教様より「2/29(土)から3/14(土)までの主日のミサを中止」との方針が示されたため、2/29の17時ミサ以降、同期間の西町教会の主日及び平日早朝のミサは中止となります。

なお、2/29発行の「西町教会ニュース」3月号も、発行を3/14頃に延期します。

ご了承ください。

カテゴリー: お知らせ, 教会ニュース

2020年の四旬節の西町教会黙想会は、2月26日(灰の水曜日)から

今年の西町教会の大人の黙想会は、2月26日(灰の水曜日)から始まり3月1日感謝のごミサで終了いたします。

午前の部、午後の部がありますので、ご都合に合わせて、下記の時間にご参加ください。

26日(灰の水曜日)は、ごミサと赦しの秘跡のみとなります。講話は、27日(木)、28日(金)の2日間です。ごミサが始まりましたら告解はできませんので、できる限り26日(水)に告解をされますようお願い致します。

なお、中高生・青年の黙想会は3月8日(日)、子供黙想会は3月15日(日)です。

カテゴリー: お知らせ

2020年 新年のごあいさつ

西町教会では、「年越し感謝ミサ」を日付をまたいで行います。午前0時になると皆で”Te Deum”を歌い、新年の到来を祝います。

明けましておめでとうございます。

昨年もいろいろな出来事がありましたね。そして、皆さん一人ひとりの家庭の中でも、様々な事が起こったと思います。楽しかったこと、悲しかったこと、新しい命の誕生の喜び、大切な人との死に別れの悲しみ、ストレス、辛かったこと、不安を抱えたこと等、いろいろでしょう。

これらのことを、お正月、新年を迎え、心と気持ちを切り替え、新しいスタートを致しましょう。

といっても、なかなか簡単な事ではありません。

昨年、神様がいろいろな出来事を通して、私たちを導いてくださったことを感謝しつつも、時には、何故? どうして? こんなことが起こったのかと神様に聞きたい気持ちがいっぱいありますね。

今年も、嬉しいこと、悲しいこと、新しい出会いと嬉しい再会、成功と思われることと失敗と判断されること……いろいろあるでしょう。それらすべてにおいて、父である神様は共におられる、共に歩んでくださるにちがいありません。どんなときにも、それを忘れない一年にしたいと思います。

この新しい年が、全世界にとっても、日本の教会にとっても、皆さん一人ひとりにとっても、恵み多い年でありますように、心からお祈りいたします。

2020年 元旦

ポウォムスキ・スタニスワヴ
(主任司祭)

カテゴリー: 教会ニュース

主のご降誕おめでとうございます!

幼子イエス様と一緒に司祭団入堂

馬小屋と、ヨーロッパの伝統に則ったクリスマスツリー

ミサ終了後、聖堂前で豚汁が振る舞われました。

ひとりの男の子がわたしたちに与えられた。
権威が彼の肩にある。
その名は、「驚くべき指導者、力ある神
永遠の父、平和の君」と唱えられる。
(イザヤ9・5)

主のご降誕、おめでとうございます。

 

カテゴリー: 報告