復活の主日-復活徹夜祭

4月15日(土)夜7時から、復活徹夜祭でした。
本来は文字どおり夜を徹して行われる典礼。一年のうちでも最も重要かつ偉大な夜。

冒頭、「光の祭儀」で、新しい火の祝福、復活のろうそくの祝福(復活のろうそくは、復活されたキリストを表しています)…

この日は3名の方が受洗、そして1名の方がプロテスタントからカトリックへ改宗をされ、ミサ中にその儀式を行いました。
そして先輩信徒たちも全員で「洗礼の約束の更新」を行いました。

ミサの後は、毎年恒例、神父様から復活の卵をいただきました。

「あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。」(マタイ28・7)

ご復活おめでとうございます!
アレルヤ!

 

広告
カテゴリー: 報告

聖金曜日:主の受難の祭儀

4月14日(金)午後7時から、「主の受難の祭儀」。
ヨハネ福音書から受難の朗読(会衆役を示す「S」の部分は全員で読むのですが、「殺せ。殺せ。十字架につけろ。」の部分はいつも胸が痛みます)、盛式共同祈願、十字架の礼拝、そして前日の「主の晩さんの夕べのミサ」で聖別されたご聖体をいただき、キリストとの一致のうちに、復活への希望を新たにしました。

神を信じるすべての人よ、神を愛せ。
神は誠実に生きる人を守られ、思いあがる者にきびしい。
神を待ち望むすべての人よ、
強くたくましく、生きよ。
(詩編31・24〜25)

カテゴリー: 報告

聖木曜日:主の晩さんの夕べのミサ

過越の聖なる3日間の始まり。
年度はじめの忙しい平日の夜でしたが、多くの信徒の皆さんが集まりました。

四旬節中には歌わなかった「栄光の賛歌」を歌い、朗読、説教のあと洗足式。
師であるイエス様が弟子たちの足を洗って、奉仕の模範を示したことを記念して…

ミサの後、聖体(ホスティア)は、集会室に用意された安置所に移され、

大聖堂の祭壇上からは、祭壇布やろうそくなどすべてのものが取り除かれました。

キリストの受難と死が始まったことのしるし…

カテゴリー: 報告

「主の過越の聖なる三日間」の典礼のお知らせ

信徒の皆様はぜひ、1年間の典礼暦の中で最も大切な「主の過越の聖なる三日間」の祭儀に与ることができるよう、時間をお作りください。

4月9日(日)  受難の主日(枝の主日)
※土曜日午後5時のミサと日曜日朝7時のミサの中で枝の祝福を致します。
※日曜日9時ミサで、エルサレム入城記念を行います。しゅろの葉を手に持って、聖母像の前から聖堂へと行列を行いますので、ミサには早めにおいでください。

【主の過越の聖なる三日間】
4月13日(聖木曜日) 19:00 ~ 主の晩さんの夕べのミサ(洗足式)
4月14日(聖金曜日) 19:00 ~ 主の受難
4月15日(聖土曜日) 19:00 ~ 復活の聖なる徹夜祭
※ 4月13日、14日、15日の3日間は、朝のミサはありません。
※ 4月15日(聖土曜日)の復活徹夜祭は午後7時からです。午後5時の夕方のミサはありませんので、ご注意ください。

4月16日(日)復活祭 7:00~早朝ミサ、9:00~日中ミサ

参考記事:過越の聖なる三日間と復活とは?(カトリック中央協議会)

カテゴリー: お知らせ

四旬節の精神を生かす

今日、3月1日は灰の水曜日。黙想会初日のミサの中で「灰の式」を行いました

今日、3月1日は灰の水曜日。黙想会初日のミサの中で、「灰の式」を行いました。

四旬節を迎えました。毎年この時期、イエスの苦しみの神秘を味わい、イエスの死を迎えながら復活の喜びを祝うために、灰の水曜日から始まる40日間の四旬節を過ごします。

そして四旬節は、イエス様が公開宣教活動の前に40日40夜砂漠の中で断食と祈りを行ったことを思い起させます。教会はこの四旬節をとおして、特別の寛大な心でイエスの「世の救い主」の使命を受け、また述べ伝えられた「神の国」を受けるために切に耳を傾けみ言葉を聞きます。十字架上で亡くなられたイエス、それは最後の「み言葉」で、人間と神様との和解のいけにえでした。

典礼暦のなかで、徹底的な回心への招きは四旬節の時でしょう。よって四旬節には、伝統的に回心すること、具体的な行いとして祈り、断食、そして施しがあります。また、キリスト者として「回心」することはただ一時だけで十分とは言えません。むしろ、それは日々の務めです。

社会の風潮や変化に流されやすい環境に置かれているキリスト者のわたしたちは、一息を入れて内面的な自分を見つめながら、神の招きに耳を傾け、み言葉が持っている、人生のあらゆる悩みを癒す力をあらためて実感すべきです。言い換えれば、四旬節は、自分をむなしくしてくださる神、また憐れみをもって一人ひとりを愛してくださる神のもとに立ち返る時です。

コリントの信徒への手紙二の言葉を借りて言えば、「主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた」(2コリント8・9)神です。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです。そのため、四旬節の精神を生き抜く者は、主の貧しさによって満ち溢れるほどの豊かさを実感することができます。そしてさらに、神の愛を実感したわたしたちは、自分自身で満足するだけではなく、むしろ、神の愛の証人になるように招かれています。つまりわたしたちは、いつまでも神がわたしたちと共におられる喜びのしるしとなる者です。よって、この四旬節は一人ひとり、またわたしたちの共同体に新たな息吹をもたらすものとなるでしょう。

四旬節は、ややもすれば、毎年よく繰り返される古く見える行いと思われるかもしれませんが、教会にとって、またキリスト者にとって欠かせないものです。もしも、繰り返される古く見えると思われるものを、愛のうちに、また、み言葉の光や聖霊の導きのうちに行うとすれば、それらのすべては、より新しく効果的なものになりうるのです。

今年の四旬節が恵みの時となりますように。この四旬節を豊かに過ごすことによって、わたしたちの一人ひとりが主の無条件の愛を身をもって実感し、次いで、自分自身も主の愛をもたらす者、また主の平和の道具になりますように。

主任司祭代行 トラン・ドュック・ディエム

カテゴリー: 教会ニュース

2017年の西町教会黙想会について

今年(2017年)の大人の黙想会(高校生以上)は、3月1日(灰の水曜日)から、5日(四旬節第1主日)までの期間で行われます。黙想指導司祭は、神言修道会の後藤文雄神父様(吉祥寺教会)です。

黙想は、午前の部は午前9時45分から、午後の部は午後7時から、それぞれミサを皮切りに、スタートします。

2日目と3日目は、ごミサの前にゆるしの秘跡(告解)が行われますので、いずれかの時間にあずかるようにしてください。(講話の時間中はできません)

また、3月1日(水)〜3日(金)は、朝6:30のミサはありませんので、ご注意ください。

なお、
・教会学校の黙想会は2月26日(日)、 黙想の家で行われました。
・中学生及び大人の黙想会に参加できない高校生の黙想会は、3月26日(日)に巡礼を致します。

2017西町教会黙想会日程表

カテゴリー: お知らせ

(お知らせ)司祭の人事について

2017.1.8 ジェブーラ神父様

このたび、ジェブーラ神父様が神言会日本管区の管区長に就任されました。
これに伴い、2017年1月1日から3月末日まで、西町教会は主任司祭が不在となります。

そこで、大司教様の承諾のもと、助任司祭のディェム神父様が主任代行となりますので、お知らせ致します。

ジェブーラ神父様には、2008年4月からの8年9か月、主任司祭としてお世話になりました。ありがとうございました!
これからの、管区長としてのご活躍をお祈りしています。

カテゴリー: お知らせ